A/Bテスト

採用するデザインやキャッチコピーなど、どちらが良いかで社内で議論することが多々あると思いますが、渦の中にいる自分たちの感覚が市場とズレている場合があります。

そのような場合に用いるのがA/Bテスト。

WEB上でA案とB案を同時に走らせ、その効果を数値測定することで、市場の反応を把握することができます。
A/Bテスト

ネット広告などで使用する広告文やバナー広告で実施する場合:
クリック率の高い広告が高頻度で表示されるようになるため、
2つ以上のテストも可能で改善を繰り返し、訴求力を高めていくことが可能。

LPOのように誘導したWEBページで実施する場合:
アクセス解析で閲覧時間、ヒートマップでクリックや滞在箇所を解析し、PDCAを繰り返すことでCV率(目標達成率)を高めていくことが可能。

提案

・社内で結論が出ず、時間と労力をムダに費やしていることはない?
・市場のニーズを把握する必要がないが見直してみよう。
・意思決定したものの反応を別案と比較してみよう。