【かけ捨て型】と【蓄積型】

新聞折込みチラシなどの紙媒体では、どんなに良い企画で、どんなに良い広告でも、残念ながら【かけ捨て型】となってしまいます。

1〜2万円程度の買物であれば【かけ捨て型】でも良いかもしれませんが、住宅ほどの大きな買い物の場合、自社のことを理解してもらうため、家づくりのことを学んでもらうための『教育期間』が必要です。

急に火がついて衝動買いする人もいますが、そういう人は、家のことも、その工務店のこともよく理解せずに食いついてきているので、クレームになる可能性が高いようです。
完成見学会集客【かけ捨て型】と【蓄積型】