月別アーカイブ: 2017年1月

【触手】と【保管庫】

自社発信情報を蓄積し”財産”として活用する。

ブログ一体型HPが主流となった今、ブログ記事が各々触手のように伸び広がることで、ネット上のチラシのような効果も兼ね備えます。

例えば、「ビルトインガレージ 広島」というキーワードで検索してきた見込み客に対して該当するブログ記事がヒットし、そこから自社の特徴や強み、イベント情報などを知ってもらうことができます。

これらの質と量を増やし多面化することで入口を増やしていき、自社への理解度を深めてもらいます。

工務店ブログの触手と保管庫

さらにネット広告やFBと連携させることで、多くのメインターゲットにその情報を届けることができ、反響をリサーチすることでその後の展開に役立てます。

 

そしてもう一つ、こうして年々蓄積されるブログ記事は、関連情報ごとに保管(タグ、カテゴリー分類)することができ、社内外で必要な時に必要な情報だけを共有や利用することができ、自社の財産としても活用していくことができます。

METHODを公開しました。

この度、『METHOD』というアーカイブページを公開しました。
セミナーや提案時に話している内容を、少しづつですがここにアップしていきます。

ホームページ開設後、運営の仕方やイベント集客に困られている方たちのサポートとして行っている内容なのですが、より理解してもらうために、小分けに追加しながら、保管庫的に活用していこうかと思います。

商談へのステップ

見込み客にアクションを起こさせる仕掛けを

イベントに「来た人」と「来なかった人」の間には、「行きたかったけど、行けなかった人」が存在します。

その人たちが、次にアクションを起こしたくても、何も扉が開いていない工務店には問合せにくいものです。たくさんの扉をオープンにしておくこと、イベント(完成見学会、構造見学会など)で機会を与えることで、地位様階段を一歩一歩昇ってもらい商談へと導きましょう。

工務店が用意すべき商談への階段

3ステップでの検証

各工程ごとに効果を測定&分析し「どこで詰まっているか?」

【ホームページのアクセス数】【イベント集客】【商談&成約】の3ステップで区切り、実行と分析を繰り返します。紹介客に比べ、ネット客は成約率が低いため、上流の【ホームページのアクセス数】からの流れを止めることなく、徐々に全体の幅を拡げていくことで安定を図ります。

3ステップ【ホームページのアクセス数】【イベント集客】【商談&成約】