月別アーカイブ: 2017年1月

【分析】と【再構築】

”大改革”ではなく、”常時軌道修正”することの重要性

日々の営業活動や広告宣伝の中で、その効果や反響を「見せる化」していきしょう。
これにより、「どこで詰まっている」「何がニーズが高い」「自社の特性で感心度の高いもの」などを把握することにつながります。とくにイベント時の大々的な宣伝の際には、多くのアクセスが集まるのでより明確な分析ができます。

例えば、

「紙媒体広告配布時の効果は?ネット広告客の精度は?」
「資料請求ページにまで人は流れているが、請求がない。」
「野立て看板に記載したキーワードからのアクセスが少ない。」

それぞれ、「どのルートで?」「どのページを?」「何分見た?」「サイト上の動線は?」など、詳細を見ていくことで改善点を洗いだします。そして、実際の営業活動の反響と照らし合わせながら、問題点を一つ一つ潰していくことで、打率と飛距離が変わってきます。

尚、このように”常時軌道修正”していないと、いつの間にか市場ニーズとの間に大きな溝が生じ、それを解決するために一か八かの危険な”大改革”をしなければならなくなる可能性があります。

ホームページ分析と再構築