preloder
- MENU -

WORKS 〈実 績〉  Pageup

広島記念病院 様

kkrhiroshimakinen-hp.org

   

広島記念病院 様 | ホームページ制作事例

消化器疾患のリーディング・ホスピタルとして、
地域のみなさまの貴重な「今」に寄りそい続ける。

WEBサイトTOPデザイン/広島記念病院様制作事例

患者さんとご家族へ直感的に希望を与えるために、総合病院WEBサイトの既成構造からの脱却。

多くの総合病院WEBサイトに対して以前より幾度か不満の声を聞いていました。コンテンツが多く、それら全て優先したいために、TOPページが”我れが我れがと看板がひしめく繁華街”のようになってしまい、それが大きな離脱につながることが容易に想像できるかと思います。

WEBサイトも人間と同じで第一印象が重要なため、一瞬で「好き」か「嫌い」を判断されてしまいます。先述した「すべてを見てもらいたいがために、全てを見てもらえない」という本末転倒にならないよう、優先順位のもと大幅な削ぎ落としを図りました。

また、概要説明だけでは想いは届かないため、広島記念病院さんが描く”ビジョン”を設置し求心力向上を図っています。その基で「患者さんやご家族の気持ちが少しでも軽くなり、希望を持ってもらうためには?」「消化器センターという存在を地域に浸透させるには?」「医療関係者と共に、地域とその未来を守っていくためには?」など、広島記念病院さんが持つ、想いや姿勢、強みや特性を最大限に伝えるためのリブランディングを院内の先生やスタッフさんと共に構築していきました。

SWOT&TOWSによる紡ぎ出し

SWOT分析による強みと弱み、機会と脅威。各々の立場で感じておられる課題・問題・要望を顕在化しTOWSマトリクスで整理し直すことで、方向性や表現方法などを確定し、サイト構築や基礎戦略に反映しています。

SWOT分析/広島記念病院様制作事例

強みと特性を瞬発的に伝えるファーストビュー動画

家族の数だけ家のカタチは存在します。スクロールする中で見られる3つ縦並びの各々の暮らしの風景(フルサイズ画像)は、離脱率軽減に大きく貢献します。そしてWB HOUSE(通気断熱WB工法)を早い段階で理解してもらうためにブランドムービーをTOPに配置しています。充分に関心が高まったところでピックアップやブログへつなげています。


ビジョンの浸透のための、シンボルロゴ、タグライン、メッセージによる軸構築。

シンボルロゴは、そのチームの顔であり、タグラインは声。メッセージは想い。ビジョンを広く深く継続的に浸透させるために、軸としてそれらのCI構築が必要になってきます。

ロゴ/広島記念病院様制作事例

あなたの今に寄りそう。

医療を通じて、“地域のみなさまの貴重な「今」に寄りそい続ける”という想いを表現。

記念の「記」をモチーフとし、左は「患者様の今」を表し、右はそれに「寄りそい続ける」ことを意味しています。

ビジョン/広島記念病院様制作事例


「患者様やご家族へ」「地域の医療関係者様へ」。5分で理解していただくためのダイジェストページ

総合病院規模になると、いくら整理したとしても各ユーザーが全ページを巡回して理解してもらうにしてはコンテンツボリュームが多いことは否めません。

メインのユーザー設定には患者さんとそのご家族ですが、地域の医療関係者の方へのコンテンツも含まれるため、それぞれを対象にした専用のダイジェストページを設けています。各々の視点に沿ってダイジェストで説明することで、より理解を高めてもらうことを目的としています。

また、将来的にプロモーションを行う際を見越して、ランディングページとして活用できるように設計しています。

医療関係者向けランディングページ

医療関係者向けランディングページ

患者様向けランディングページ

患者様向けランディングページ

広島記念病院 公式サイトへ外部リンク


| CATEGORIES |

- OTHERS -

廿日市福祉会 様

地元開業医が地域の声を反映し創設した高齢者総合福祉施設。大切な人の介護ステージにあわせた最適なケアと思いやりを。

広島市立大学COC+ 様

学生が“地域で学び地域に根づく”ために、文部科学省支援のもと、大学が自治体・企業等と協働実施する地方創生推進事業。

WoodyGoody 様

「楽しく、正しく、木と家のことを学んでもらいたい」という想いから生まれた暮らしのWEBマガジン。

徳岡伝統建築研究所 様

大正十年の創業以来、“伝統と創造”の千切りとなり、社寺保存、伝統建築技術の継承・発展一筋に歩み続ける。

飛企画は、CSV(共通価値の創造)の観点で、使命感をもって地域社会活動を行う会社さんのブランド・マネジメントを全面的にサポートします。

あり方 | 共通価値の創造へ