preloder
- MENU -

MARKETING 〈マーケティング〉  Pageup

マーケティング

MARKETING

03.

マーケティング

求める人々と歩みより合い、
共通価値を育むマーケティング

「買ってくれれば誰でもいい」では、ゆくゆくは望まない未来へ辿り着いてしまいます。理想の人と理想の場所に行くためには、“誰に”“何を”“どのように”プレゼントするのかを、その人が喜ぶイメージから逆算して、歩みより合う関係を構築するインバウンド・マーケティングを提案します。

適用
シーン
新規顧客獲得、顧客満足度向上、採用対策 等
実施
内容
コンテンツ設計、WEB広告、SNS広告、データアナリティクス 等
制作物インバウンドマーケティング、コンテンツマーケティング 等

理想客に届くストーリー型WEB戦略と、
マーケティングプラットフォームでの一元管理。

時代背景から、「追う(属人型訪問営業)」から「求められる(組織的集客営業)」に変わるインバウンド マーケティングが注目を浴びています。理想のお客さんと歩み寄るためには、お客さんの課題を解決するためのコンテンツ構築上でのマーケティングが必要になります。

この際に、ペルソナ設計、シナリオ法、カスタマージャーニーマップなどで、顧客感情と動向を把握し、「ここで離脱するかもしれない」「このアクションをとらないかもしれない」という“かもしれない運転”の視点で、何重にも受け皿を用意して運営していきます。

しかしながら、ホームページ、ブログ、SNS、WEB広告、メールマガジンなどバラバラに運営していたのでは、適切な運営も効果測定もできません。飛企画では、CRM(顧客管理)、SFA(営業支援システム)、MA(マーケティングオートメーション)がオールインワンになったHubspotを使用し、マーケティングに関わる全ての業務をワンストップで運営・管理することを推奨しています。

KPIマーケティングファネル
KPI マーケティングファネル

インバウンドマーケティングでは、マーケティング活動で獲得したお客さん(MQL)を育成し見込み客に変換しながら、営業チームの見込み(SQL)へ引きあげて渡します。顧客管理を含めた一貫の流れと各ツールをワンストップで運営することで、お客さん一人ひとりに寄り添ったマーケティングを実施します。

– 制作物・実施内容 –

戦略FW構築

顧客感情や動向を軸にした戦略をフレームワークを用いながら、ロジカルに構築していきます。

WEB・SNS広告

戦略に準じたコンテンツをより多くの理想客に届けるためにWEB広告、SNS広告を活用します。

インバウンド マーケティング

コンテンツ設計とマーケティングプラットフォームの両輪で、複雑化する顧客動向に合わせた設計を構築します。

データ・アナリティクス

ホームページ、ブログ、SNS、WEB広告などを一元管理・測定します。これによりキャンペーン自体の精度を測ることができます。

– 得られる効果 –

組織型集客営業

担当営業マンの営業力任せではなく、チームのノウハウで、優良客を集客&ファン化しながらCVに導きます。

人材リスクヘッジ

1営業マンの退職により、大きな穴が空きます。チームで顧客、履歴、ノウハウを共有しておくことでリスクに備えます。

One to One

導入検討期間が長い商品であればあるほど、顧客一人一人に向き合うマーケティングが効果を発揮します。

効果の数値化

社内プレゼンや稟議を上げる際に、数値化による効果の見える化は必須条件であり、ツールで一元測定することで業務効率化に。

– 留意点 –

  • 売り手都合ではなく、顧客目線の具体的なストーリーを組めているだろうか? 
  • 統一したコンセプトやキービジュアルを設定し、ペルソナが主に使用する媒体へ展開できているだろうか?
  • あらゆる媒体の効果ではなく、1キャンペーン単位で効果測定できているだろうか?
  • 万が一、主力営業マンが退職しても、顧客、履歴、ノウハウが会社に財産として残る体制ができているか?