HP経年劣化対策

PDCAサイクルで常時起動修正

ホームページも事業自体も手入れをしていないと、気づかぬうちに経年劣化してしまいます。“お客さんのニーズ”や“市場との距離”を常時測り、対策を練る方法としてPDCAが必要になります。
PDCAサイクル

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を継続的に繰り返し、常時顕在化する課題を改善してくことで業務・事業を発展させていく手法です。近年ではWEBマーケティングで多様されています。

PDCA

たとえ、事業自体では検証していても、ホームページ改善への優先順位は低く、開設(リニューアル)した後2〜3年放置されている会社も多く見受けられます。(内部を見れない外部の人には、それがその会社の”現状”と取られてしまいます。)

常にPDCAで改善しているA社と、放置のB社では2〜3年後には、大きな開きが生じてしまいます。ふと気づいたときにB社が起動修正しようとしても大改革しなければならず、また市場ニーズを把握できていないため大改革は「危険度の高い賭け」になってしまいます。

常時、市場をノックして歩き、反応すべてを“数値化&見える化”することで、細かな起動修正が必要です。

提案

  1. 最近実行したことの結果を数値化してみよう。
  2. 結果分析から課題点を見つけよう。
  3. 「Yes」「No」の結果間のグレーゾーン客を「Yes」に引き上げる方法を探ってみよう。