preloder
- MENU -

METHOD 〈メソッド〉  Pageup

マンダラート

   

目標達成スキームをビジュアル化

マンダラートとは、個人・チームでの目標を達成する際に必要な構築要素と取り組むべき行動を紡ぎ出し、全体像を俯瞰視できるシンプルなフレームワークです。本来は、アイデアを膨らませるための発想法ですが、野球の大谷翔平選手が高校生の時に目標達成シートとして使用したことで、目標達成のフレームワークとして一躍有名になりました。
 

マンダラート 使い方
 

目標・要素・行動が相互連携

基本的には、まず目標を定め、それを実現するために要素・行動を細分化していくという非常にシンプルな構造で、以下の手順で進めていくだけです。

  1. 3×3の9マスの中心に目標を記す。
  2. その目標のまわりの8マスに、目標を達成するために必要な要素を紡ぎ出す。
  3. 8つの各要素を外側に出し、新たな3×3の9マスを作成する。
  4. 各要素を実現するために、具体的に取り組むべき行動を8マスに紡ぎ出す。

 
完成したら全体の辻褄が合っているか確認してみましょう。マンダラートの各行動を実行していくと、要素が実現でき、要素がすべて備わると目標達成につながる関係性になっていれば、実際に機能する内容になっているはずです。尚、完成させること自体も大切ですが、マス目を埋めていく過程での「気づき」がとても重要になってきます。また、チームで取り組む場合、ベクトルの統一、認識の共有などにも非常に効果的です。
 
 

活用場面

  • チームでのビジョンの共有
  • WEBサイト構築時の情報整理
  • マーケティング施策の構築
  • 技術習得時のカリキュラム構築
  • 営業ノルマの達成

 

メリット

  • チームで紡ぎ出し、思考や認識の違いを顕在化し、方向性を擦り合わせられる。
  • A4用紙一枚程度に全体像をまとめられるため、机やPC壁紙などに利用できる。
  • 日々の報連相やミーティングの際に、指標として活用できる。

 

提案

  • 会社と各個人それぞれのものを作成し、照らし合わせて公私の整合性をとってみよう。
  • 定期的に検証と見直しを繰り返し、ブラッシュアップしていこう。
  • 来年度の目標をマンダラートに落とし込んでみよう。
  • 各項目に具体的数値を入れて、自分たちを苦しめてみよう。

 
「マンダラート 大谷翔平」で画像検索すると、山ほど出てくるので参考にしてみてください。

| CATEGORIES |

- OTHERS -