loader image
- MENU -

WORKS 〈実 績〉  Pageup

近藤建設興業 様

kondo-kk.com

   

近藤建設興業WEBサイト

人・地域・環境の全方位に配慮した
岡山の住環境を担うリーディングブランド。

近藤建設興業WEBサイトTOPデザイン

新ブランド『OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE』としてのリポジショニング。

住環境をロジカル(科学的・医学的に)に研究・検証し、人・地域・環境に対して常にニュートラルな住まい方をストイックに探求し続ける近藤建設興業さん。長年、進化と変化で注ぎ足し積み重ねてきたブランド要素をこの度のWEBサイトリニューアルに伴い整理・刷新しました。

事業の情報整理を行い、内的要因をまとめると同時に、外的要因に対してもSTP分析などを用い、競合する大手ハウスメーカーや提案内容が類似する地場工務店との違いを明確にするためのリポジショニングを実施。その絡みも含め、ブランド名を『OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE』とリネームしました。

それにより、岡山その土地ごとの最適解をもって、自然の力を活かすパッシブ設計への本気の取り組みを明示し、これからの標準となるべき、人・地域・環境の全方位に配慮したニュートラルな住まい方を地域へ浸透していきます。

リブランディングに伴いロゴ刷新。

『OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE』の上位概念には会社の意義があります。経済・社会・環境の調和が問われる昨今、家づくりにおいていち早くから、SDGs・LCCM住宅・1985アクションなどの環境配慮へ積極的に取り組まれる姿勢と、住まいのあるべき佇まいを表したロゴに刷新しました。

これまで、大通りに面する社屋に看板は掲げておられませんでしたが、雑誌、SNSなどのあらゆる情報展開とお客さんの脳内地図をリンクさせるために、今回の刷新を機にアイアン製のロゴを壁面に設置されました。1日の交通量×365日×年数が、ブランド意義浸透の後押しや受け皿になることを狙っています。

近藤建設興業ロゴ

【K】の各線が表す、人・地域・環境に対し、【●】はニュートラルな佇まいを表現。風土を知り、自然に習い、知恵を活かして凛と住まう。そんな住まいのあり方を表しています。

ブランド基礎構築

情報の集約化(Why)と細分化(How)を組み合わせ、ブランド全体をピラミッド構造に。

ロゴをTOPにブランド全体をひとつのピラミッドに収めました。あり方、取り組み(ロゴ、タグライン、メッセージ、取り組み等)が上位に存在し、住環境の提案として『OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE』が存在します。その下には、それを構成する設計、性能、仕様、素材とカテゴライズされ、さらに各手段として構成要素が内包されます。

「なぜ、それをやるの?(why)」を繰り返せば、上位のブランド意義に辿り着き、「どうやってそれをやるの?(How)」を繰り返せば、下位の具体的な施策や手段へ辿り着きます。それらのチャンク高低の組合せが強固なブランド価値を構築しています。

ブランド名 OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE (おかやまニュートラルパッシブ)
タグライン 風土を知り 自然に習い 凛と住まう。
メッセージ その地の最適解を知り、自然に習う、
光と風をとりいれた豊かな空間。

そこに、人間の知恵を少し加え、
より快適・健康・省エネを実現する。

あとは只々、
シンプルにとらえて凛と住まう。

自然に抗わず、
流行に流されず、
環境に負荷をかけない。
そんなニュートラルな佇まい。

その普遍性のある住まいは、
60年続き次の誰かに価値を引き継ぐ。

こんな住まいを望む人が増えれば、
未来の大人に胸を張って
バトンを渡せるのではないだろうか。


共に地域を考える住環境パートナーとしての
リブランディングでネクストステージへ。

家づくりという観点ではBtoCですが、住宅をつくるだけの会社であってはならないという思いで、岡山のより良い住環境を実現する領域で活動されています。地域全体の環境配慮意識をボトムアップするするためにも、地域の他業種などの横の連携・拡張を意識したBtoB的なスタンスも含めた構成・導線を織り込んでいます。(ちなみに、7:3でBtoC設計のため、併せて同様の割合でスマホ優先のUX/UIにしています。)

ブランディングページ

全方位へのメッセージ

ステークホルダー全体に対し、自社のあり方から、ブランドの根幹、ビジネスモデルまでを表したダイジェストページ。(『想い』ページ)

商品サービスの情報設計ページ

斜め読み、熟読の兼用仕様

基本斜め読みを前提に設計し、興味関心度合いによって熟読できるように構成・導線を構築。(『私たちの家づくり』ページ)

UX/UIを考慮したモーダルウィンドウ

階層とUX/UI

コンテンツ量に伴い階層が深くなるため、ページ遷移時のユーザーストレス軽減のために、モーダルウィンドウを採用。(『設計』『性能』『仕様』『素材』ページ)

 

| CATEGORIES |

- OTHERS -

廿日市福祉会 様

地元開業医が地域の声を反映し創設した高齢者総合福祉施設。大切な人の介護ステージにあわせた最適なケアと思いやりを。

弘法オルフィス通信 様

オフィスから会社を元気にすることを
目的とした情報誌をWEBマガジンに。

徳岡伝統建築研究所 様

大正十年の創業以来、“伝統と創造”の千切りとなり、社寺保存、伝統建築技術の継承・発展一筋に歩み続ける。

株式会社サンハウス 様

お客様の要望と向き合い続けて30年。
住まいのことから町のことまで、
今では何でもお任せのオールラウンドプレーヤーに!

飛企画は、CSV(共通価値の創造)の観点で、使命感をもって地域社会活動を行う会社さんのブランド・マネジメントを全面的にサポートします。

あり方 | 共通価値の創造へ